ニキビの予防と原因について

思春期に悩むことが多い「ニキビ」というお肌の疾患ですが、思春期を過ぎてもニキビが出来てしまう
方が、近年では増加してきました。

ニキビという症状は、皮膚の慢性的な炎症で同じ個所に何度も繰り返して出来てしまうこともあります。

きれいに完治すればいいですが、ニキビ跡が残ってしまう場合もあります。

ニキビは放置しておくと治ると思っている方が多い現在ですが、しっかりとしたお手入れをしなければ
ニキビは治ってもまた出来るといった繰り返しになってしまいます。

この記事では、ニキビに関しての予防や原因について分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

【ニキビの原因とは一体何か?】

①毛穴のつまりがニキビの原因となってしまう!

ニキビの原因の大半が、この毛穴の詰まりになります。

毛穴の入り口がなんらかの原因で詰まってしまい、古い角質や皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

皮膚呼吸が出来なくなったお肌は、炎症を起こしてしまいます。

これこそが、ニキビの原因の一番代表的な発症の方法となっております。

また、炎症を起こしている菌を「アクネ菌」といい、人の肌に常にいる常在菌が異常に繁殖しえしまうのも
ニキビの原因となっております。

また、毛穴が詰まってしまう原因には食生活の乱れや生活習慣の乱れが密接に関係しております。

②生活習慣の乱れがニキビを発症させる!

生活習慣が乱れてしまうと、肌荒れなどの原因となってしまいます。

ニキビン関しても同じことで、生活のリズムがバラバラだと皮膚の新陳代謝のバランスが崩れてしまいます。

古い角質から新しい角質へ変わる時間は0時までと言われるように、夜遅くまで起きているとしっかりと
自己免疫力の力を発揮することが出来ません。

寝不足に関しても同じことが言える様に、睡眠をしっかりと取っていないとニキビの発症をしやすい体質へと
なってしまいます。

夜はしっかりと寝る!という事は、ニキビの予防の中でも最も効果的で簡単に出来る方法となっております。

また、食生活の乱れもニキビができやすい体質へと変わります。

栄養のバランスがしっかりと出来ていないとビタミンやミネラルといったお肌や体の新陳代謝や
基礎代謝を活性化させてくれる栄養素をしっかりと体内に取り込むことが出来ません。

外食やお肉ばかりを食べる様な食生活では、毛穴が詰まってしまう可能性が大変大きくなります。

ニキビの予防には、外食を控え野菜をしっかりと食べる様に気を付けてください!

ニキビを発症を未然に防ぐためには、生活主幹の乱れが一番に関与してきますので、規則正しい生活を
するようにしてください。

 

参考:スキンケア協会